Google検索




  • ウェブ全体から検索
    このサイトの中を検索

カウンター


  • (2004.10.26以来)

« 第8回 東京の図書館を考える交流集会 | トップページ | 東京都立図書館協議会第22期第1回会議行われる »

2004.10.15

港区職労集会「図書館の委託労働」のご案内

港区職労 政策教育分会 委託問題集会

             図書館の委託労働-その実態を学ぶ-

 9月6日、図書館の力ウンター業務委託の正式提案がされました。当局の提案では、図書館のあり方・提案理由・委託内容が明確に示されていないため、常勤・非常勤・委託の業務分担もあいまいとなっています。明確な図書館基本計画のない港区で、図書館業務の委託が導入されると、非常勤の雇用を危うくする、なし崩し的な指定管理者制度の導入を招<おそれもあります。

 また、委託業務に携わる不安定で低賃金の労働者を、新たに生むことにもなります。今後、分会は解明要求でこれらを明らかにしていくわけですが、まず、現在委託されている図書館で働いている労働者を招いて、委託の実態と問題点を学習していきたいと考え、集会を開催します。これからの図書館に不安を持たれている皆さん、委託問題に関心を持たれる皆さんの参加をお待ちしています。

    日時 2004年10月21日(木)午後6時30分~8時30分
    場所 港区役所9階研修室(地図はこちら
    内容 委託提案とどう闘うか  
            川島稔(港区職労政策教育分会書記長)
        非常勤の雇用止めとNPO 中野区から報告
            磯村 彩(NPO中野情報サービス推進ネットワーク理事)
        委託労働者として力ウンター委託を見る 大田区から報告

*参考 23区における図書館業務委託の拡大経過
1996年 司書職名の廃止(正規職員配置の終わり~非常勤化への転換)
2000年 開館時間延長と力ウンター業務委託がセットで実施されるようになる
2002年 江東区の委託導入から力ウンター業務委託が拡大していく
2003年 委託9 区(委託内容・非常勤の雇用止めも拡大)
        (足立・板橋・大田・江東・墨田・台東・千代田・豊島・文京)
2004 年 委託11 区70 館
        (足立・板橋・大田・江東・品川・墨田・台東・千代田・豊島・中野・文京)

« 第8回 東京の図書館を考える交流集会 | トップページ | 東京都立図書館協議会第22期第1回会議行われる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57889/1801004

この記事へのトラックバック一覧です: 港区職労集会「図書館の委託労働」のご案内:

« 第8回 東京の図書館を考える交流集会 | トップページ | 東京都立図書館協議会第22期第1回会議行われる »

無料ブログはココログ