Google検索




  • ウェブ全体から検索
    このサイトの中を検索

カウンター


  • (2004.10.26以来)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005.01.30

[資料紹介]『浦安図書館を支える人びと』

 ご存知のとおり、図書館は今、曲がり角に立たされている。どうすればよいのか、それを様々な方々が様々な角度から発言しておられる。私たちが議論を始める際の可能なことの一つに、素晴らしい仕事を続けてきた図書館の来た道を振り返る、ということがあろう。今回紹介したいのは、日本の公共図書館の世界においてここ何十年かトップランナーとされてきた、浦安市立図書館を支えてきた人々の物語である。

『浦安図書館を支える人びと 図書館のアイデンティティを求めて』鈴木康之・坪井賢一著
東京 日本図書館協会 2004

 また、例によって章立てを記しておこう。

  • 第1章 浦安図書館の司書はこんな仕事をしてきた
  • 第2章 浦安図書館の実績・課題・展望をこの10人が語る
  • 第3章 浦安図書館の秘密をデータで明かそう

 たとえば、第1章では浦安市立図書館の司書が手がけてきた様々な仕事が描かれている。貸出・レファレンス・児童サービス・障害者サービス・多文化サービス・電子図書館・その他…。利用者の求める資料・情報を提供するという立脚点に立ち、手がけていないことはないというぐらいに様々なことを手がけている。そして、図書館の体制、つまりしっかりとした司書集団及び行政のエキスパートが支えている様子も描かれている。

 また、第2章では、浦安図書館の館長であった竹内紀吉さんや常世田良さんらのインタビューで構成されている。

 「東京の図書館をもっとよくする」議論のためには、この本を紐解いて学びとるべきものを学ぶことも必要であろう。是非多くの人が手にとってほしい本である。

図書館と災害…図書館における災害対策関係資料(稿)

 地球のあちこちが災害に見舞われ続けている。図書館の関係者も、新潟で、あるいは海外で災害からの復旧に追われている。ブログの世界でも、大勢の方が取り上げているのはご存知のとおりである。

 そのような中で、災害にまだ見舞われていない図書館でも、いつ起こるかわからない災害にしっかり対応していくことが求められている。あるところでは避難訓練などの取り組みがあり、またあるところでは災害対策マニュアルの整備に追われていることであろう。

 管理人が身を置く図書館でも、昨年(2004)に避難訓練を行い、災害対策マニュアルをまとめなければ…という動きになった。そこで、管理人は、「世界的にはどのような状況になっているのだろう」との疑問から、国際図書館連盟(IFLA)の運営するメーリングリストで図書館の災害対策に関する現状について質問してみた。

 その結果、海外から大勢の方に貴重な時間を割いて情報を提供していただくことができた。1994年に大震災に見舞われたロサンジェルスにしばらく住んでいたことがあるという方からも、災害の経験を分かち合うというお考えの下、情報を寄せていただくことができた。大変ありがたいことである。

 頂いた情報の中身としては、文献・リソースリスト(書誌)、文献・リソースそのもの、災害対策マニュアル--中には「テンプレート」、つまり自分の館の名前を付して若干手を加えればそのまま時間の災害対策マニュアルにできるものもある--、関連団体やインターネット情報源のサイト、など様々であった。

 今回は、それらの情報を整理した上で若干日本発の情報も加味してこのサイトで紹介したい。但し、まだ整理の途上であるため、まだ足りないものがたくさんある。もしよろしければご助言、ご指摘賜れば幸いである。

 草津町立図書館の中沢孝之さんが『みんなの図書館』333号(2005.1)に寄せた「2004年自然災害と図書館」という論考で、「図書館(あるいは図書館職員)が蒙った災害や事件、事故等を一箇所にまとめ、蓄積し、いつでも引き出せ、さらには分析をする図書館や研究機関があると、今後の災害の備えや復旧への対処法に応用が可能だ」と指摘しているが、まさにそのとおりである。さらに言えば、その中には災害関連情報も含まれるであろう。今回のこの記事がそのような積み重ねの一つになれば幸いである。

続きを読む "図書館と災害…図書館における災害対策関係資料(稿)" »

2005.01.16

[資料紹介]『法情報 資料室  ☆やさしい法律の調べ方☆』

 読者の皆様も、昨今、法律の問題を調べようという機会がいろいろとあろうかと思う。たとえば相続や契約、隣近所との紛争等、自分の人生でいろいろな問題が起きたとき。また例えば、職場で様々な問題が起こった時。その他いろいろあろうかと思う。「法律の知識の有無がその後の人生を決めてしまう」、そんな場面もきっと多いことと思う。そのような時、皆様はいかがされているだろうか。

 今回は、法に関する情報を入手しようとする時に参考になるサイトを紹介する。

     『法情報 資料室  ☆やさしい法律の調べ方☆』
      http://www007.upp.so-net.ne.jp/shirabekata/

 上記サイトには、法令、判例、議会資料に分けてそれらがどういうもので、どこにあって、どのように探すのかの解説が掲載されている。また、参考になる文献もあわせて掲載されている。
 
 冒頭に書いたような問題に出くわした時には、参考になる情報が得られるかもしれないので、このサイトを訪れてみてはいかがだろうか。

2005.01.10

よりよい練馬区の図書館をつくる会(2)

 昨年11月14日の記事で「よりよい練馬区の図書館をつくる会」を紹介させていただいたが、このたび、同会から、ホームページを新しくした旨ご案内いただいたので、再び紹介したい。

   よりよい練馬区の図書館をつくる会(http://betterlib.exblog.jp/)

 内容はこれから順次充実させていく予定だとのことではあるが、現時点で用意されているカテゴリーとしては下記のものがあるようだ。

  • 全体
  • 会の立ち上げと現在
  • 図書館をこうしたい!
  • 講演会、学習会、勉強会等
  • 区議会、教育委員会、各党
  • 情報、
  • 陳情書署名簿
  • レファレンス
  • 問合わせ、入会申込み
  • リンク
  • 交流広場
  • 未分類

 「お考えを投稿していただくだけでもうれしくぞんじます。さまざまな形でご参加ください」とのことだったので、皆さんも是非ご覧いただければ幸いである。

2005.01.01

[資料紹介]『朝日新聞』連載「賢い患者術」

 『朝日新聞』元旦の紙面に、病気と情報とのかかわりを考える上で興味深い記事が掲載されていたので紹介する。

    「賢い患者術 上--病気を知るには」『朝日新聞』2005.1.1p.33

 病気を知る・病気と闘うにあたり自らが情報を収集することの重要性を、昨今、様々な論者が指摘している。一例はノンフィクション作家柳田邦男氏の『死の医学への日記』(新潮文庫)である。今回の朝日新聞では、「病気を知るには」とのメインテーマの下、「電話を使おう」「専門の図書館に足を運ぼう」「ネットを活用しよう」との3本柱を立てて、それらについて概説がなされている。

 そのうち、第2番目の「専門の図書館に足を運ぼう」では、患者情報室国立大阪医療センター)やさわやか情報センター(聖路加国際病院)、からだ情報館東京女子医科大学病院)等の取り組みを紹介しながら、病気について知るための、図書館での資料提供の重要性が記されている。

 また、「ネットを活用しよう」では、国立国会図書館NDL-OPAC(『雑誌記事索引』等、日本の文献の索引となるもの)を含め、インターネット上で提供されている有用な情報源が紹介されていた。ちなみに、この国立国会図書館NDL-OPACの利用には費用は係らない。

 アメリカではMEDLINEという医学文献情報データベースがあり、誰でも無料で利用できるようになっているが、残念ながらまだ日本ではそのような状況にはない。しかし、今回上記の記事で紹介されているインターネット情報を使うことにより、いくらかでも、一般の人々にとって病に関する情報にアクセスする機会が増加しているということは言えるだろう。たとえば『雑誌記事索引』でタイトルに「がん」等と入れてそれに関する論文の一覧を出したり、著者に医師名を入れてその人の業績のリスト(一部)を出したりすることなどができるであろう。

 そのほか、「電話を使おう」では、電話相談についての情報が記されていた。また、この紙面には、がんと闘っている最中である絵門ゆう子さんのインタビュー記事も載せられている。自分自身の体験に基づき、絵門さんは患者が情報に触れることの大切さを指摘している。

 絵門さんの記事は、「がんでも幸せな毎日を送れれば問題ない。その目的のためにあらゆる分野の方たちが一つになることを望みます」という言葉で締めくくられている。とても大切なご発言である。「情報に関わる者」の一員つまり司書としての管理人も、改めてこの言葉が身にしみた次第である。今回紹介されなかったが、日本病院患者図書館協会のWEB患者図書館の取り組みが現在も進行中であり、また、地域の公共図書館でも入院患者へのサービスを行っているところがある。それぞれの場所で、それぞれの人が行っている取り組みを、今後ともしっかりと続けていくことが重要となろう。

 この連載は、3日に「下--病院を探すには」が掲載されるとのことである。正月、のんびりしている機会に、是非紙面をめくってみてはいかがだろうか。

参考文献
死の医学への日記 柳田 邦男著
東京 新潮社 1999年03月
ISBN 4-10-124915-6
(新潮文庫 や 8-15)

病院患者図書館 患者・市民に教育・文化・医療情報を提供 菊池佑著
東京 出版ニュース社 2001年12月
ISBN4-7852-0100-2

年賀状

 新年明けましておめでとうございます。旧年中はいろいろとお世話になりましてありがとうございました。おかげさまで、ご覧のとおり、このページに設けたカウンターも4,000以上をカウントするまでになりました。

 本年も、図書館の世界にとって困難な状況が続くことになるでしょうが、このサイトからも私たちの取り組みにとって有用な情報を様々発信していきたいと考えていますので旧年同様どうぞよろしくお願いいたします。また、本年が皆様にとって良い年でありますことを切に祈念いたします。

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

無料ブログはココログ