Google検索




  • ウェブ全体から検索
    このサイトの中を検索

カウンター


  • (2004.10.26以来)

« [資料紹介]ジョナサン・コゾルの2冊の本  | トップページ | 日野市立図書館での委託導入の動きについて »

2005.10.23

もう一度「中小レポート」を読む

 図書館が曲がり角に来ている今、私たちにできることの一つに、図書館の取り組みに関する古典的な資料を読み直してそれを現代の文脈のなかで捉え直すということがあろう。今回は初版が1963年に出版された『中小都市における公共図書館の運営』(略称「「中小レポート」」)を取り上げる。

 それでは、例により、書誌事項の紹介から始める。

中小都市における公共図書館の運営. -- 復刻版.
[東京] : 日本図書館協会, 1973.3
217p ; 21cm
ISBN: 4820473018
別タイトル: 中小都市における公共図書館の運営 : 中小公共図書館運営基準委員会報告
目次:
0 はしがき
1 序論(中小公共図書館の機能/中小公共図書館の歴史/中小公共図書館の現状)
2 図書館奉仕(はじめに/奉仕計画/館外奉仕/館内奉仕/相談(レファレンス)/集会・行事/児童・青少年に対する図書館奉仕)
3 図書館資料とその整理(はじめに/収集と選択/不要払い出し、き損、亡失/図書の整理/新聞雑誌の整理/パンフレットの整理)
4 管理(はじめに/管理の問題点/図書館職員/館長/組織/財政/広報/統計/法規)
5 図書館の施設(図書館の位置/図書館の建物/ブックモビル/図書館設置と相互協力)
6 図書館設置と図書館協力(図書館設置/図書館協力)
付録

 思うに、この本は発表後40年以上経た今でも輝きを失ってはいない。私がそう考えているいくつかのポイントを述べてみよう。まず、レファレンスについての記述を下記に引用する。

市民は、毎日の生活の中で色々な疑問をもつ。そうしてその解決は、あるときには仲間や知人や先輩に、あるときには専門家や一定の期間(新聞社や相談所)に求めているのである。今日のように複雑な世の中になってくると、社会に対する情報の必要性は高まっているのである。
このようなときに、図書館が正確な情報、あるいは正しい判断を売るための基礎的資料を提供するならば、図書館の真価は大いに上がるであろうことはたしかである。…だから市民の日常生活に直結し、市民の必要なインフォメーションセンターとして活動する機関でもあることをしっかり認識してもらうことは、今の図書館にとって大切な活動の方向なのである。(p.101)

 地域でそれぞれ人は生業を営む。そして法律など色々な問題にぶつかり悩みながら生きていく。ビジネス支援を重要視する方々が「中小レポート」をよりどころとするのを見受ける(例えば「山中湖情報創造館ブログ 」に紹介されていた松本功氏の発言)が、地域住民の日常の生業を真摯に支えていくという視点からは大賛成である。このサービスは、時流だから着手する、などというものであってはならない。本書でも別の場所で、地域産業構造などをしっかり分析した上でサービス計画を進める必要性が述べられているが(pp.71-73)、まさにそのとおりである。かつて農村だった鶴川(現町田市)で私立図書館を開設して地元の農民と共に活動を展開した浪江虔さんなど、先人の活動に学ぶべきところも多いであろう。

 また、本書ではサービス面だけでなく資料収集面等についても分析・提言がなされている。図書館業務に関わる職員が活き活きと仕事ができるような体制の重要性や図書館業務を統括する館長の重要性も然りである。

 40年以上前に本書で指摘されている市民生活に対する情報の重要性は、インターネットが急速に発達した今日ではさらに増している。このレポートの底辺に流れている思想が何であるのかをしっかり踏まえておけば、今後の私たちの取り組みも確たるものになるのではないだろうか。図書館が曲がり角に来ている今、皆さんも是非もう一度一度本書を手にとっていただきたい。

参考文献
図書館そして民主主義 : 浪江虔論文集 / 浪江虔著 ; まちだ自治研究センター編.--
東京 : ドメス出版, 1996.10
250p, 図版[2]p ; 20cm
注記: 浪江虔図書館関係主要論文一覧: p246-250 ; 著者の肖像あり
ISBN: 4810704440

« [資料紹介]ジョナサン・コゾルの2冊の本  | トップページ | 日野市立図書館での委託導入の動きについて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57889/6526966

この記事へのトラックバック一覧です: もう一度「中小レポート」を読む:

» 忙しくてとれない大切な時間 [サイクルロード 〜千里の自転車道も一ブログから〜]
自転車の後ろにベビーカーを改造したカートを取り付けて、全国の図書館を巡っている人がいるそうです。26歳のこの写真の方は、今年1月からこれまでに約550カ所を訪問し、自分が感銘した本を図書館に置いてもらうよう要請を続けているそうです。... [続きを読む]

« [資料紹介]ジョナサン・コゾルの2冊の本  | トップページ | 日野市立図書館での委託導入の動きについて »

無料ブログはココログ