Google検索




  • ウェブ全体から検索
    このサイトの中を検索

カウンター


  • (2004.10.26以来)

« 「23区図書館業務委託についてのアンケート」を出しました | トップページ | 第9回東京の図書館を考える交流集会のお知らせ »

2005.10.02

[資料紹介]柳田邦男『人間の事実』

 DORAさんのブログ『DORAの図書館日報』にもし、突然の宣告があったらという記事が寄せられていた。「もし、家族とか親族が不治の病と宣告されたら・・・家族として、司書として、その立場に立たされたらどういう事をすればいいのか」との真摯な問いかけであった。当サイトでもかつて「賢い患者術」等の記事を書いているが、そのような時に、闘病記へのアクセスツールがあれば、などと考え、今回標記の資料を紹介してみたい。

人間の事実 / 柳田邦男著
東京 : 文藝春秋, 1997.2
596p ; 20cm
注記: 『同時代ノンフィクション選集(全12巻)』の解説に大幅に加筆、単行本化したもの
書名索引及び著者名索引: p569-596
ISBN: 4163523308

 上記資料で柳田氏は闘病記のほか、政治、社会、科学技術など多方面にわたるノンフィクションについて12の章に分けて概観しているが、その第1章「自分の死を創る時代」、つまり闘病記の章には、ガンになった医師の闘病記も加えられている。例として、何冊か収録資料を紹介してみる。

飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ : 若き医師が死の直前まで綴った愛の手記 / 井村和清著
東京 : 祥伝社, 1980.5
231p ; 18cm. -- (ノン・ブック ; 168)
たたかいはいのち果てる日まで : 医師中新井邦夫の愛の実践 / 向井承子著
東京 : 新潮社, 1984.7

 巻末には書名索引及び著者名索引も付いており、検索の便もよい。確かに出版年から7年も経過しており、これ以降に出版された闘病記はカバーできないわけであるが、それを承知の上で、アクセスツールの一つとして用いてみるのはいかがであろうか。

« 「23区図書館業務委託についてのアンケート」を出しました | トップページ | 第9回東京の図書館を考える交流集会のお知らせ »

コメント

突然のメールで失礼いたします。「たたかいはいのち果てる日まで」をご紹介されていますが、ご存知のように本書は現在、絶版になっております。私は、個人的に本書の復刊を希望し、復刊ドットコムという場所をお借りして復刊の投票をつのることになりました。よろしければ、投票をと思いご案内させていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。
http://www.fukkan.com/vote.php3?no=33757

久保耕造様、復刊ドットコムのご紹介コメントをありがとうございました。新刊書の寿命がそれほど長くはない現在、図書館の取り組みと同時に、このような復刊リクエストという取り組みも重要になるのだと思います。実は、管理人もランガナータン著『図書館学の五法則』(日本図書館協会,1981)の復刊リクエストに一票を投じたことがあります。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57889/6212744

この記事へのトラックバック一覧です: [資料紹介]柳田邦男『人間の事実』:

« 「23区図書館業務委託についてのアンケート」を出しました | トップページ | 第9回東京の図書館を考える交流集会のお知らせ »

無料ブログはココログ