Google検索




  • ウェブ全体から検索
    このサイトの中を検索

カウンター


  • (2004.10.26以来)

« 日野市立図書館での委託導入の動きについて | トップページ | 「日野市立図書館40年の取り組みと窓口委託問題を考える」集会簡単な報告、そして思うこと »

2005.11.12

ライブラリーフレンズ日野の集会「日野市立図書館40年の取り組みと窓口委託問題を考える」

 ライブラリーフレンズ日野より、前項で取り上げた12月3日の集会の案内をお送りいただきましたので、転載します。皆さん、是非ご参加ください。


       日野市立図書館40年の取り組みと窓口委託問題を考える
          ― 講師 山口源治郎氏(東京学芸大学教授) ―

          日 時 12月3日(土) 午後1時30分~午後4時
          場 所 ひの社会教育センター第10研修室
               (JR中央線豊田駅下車)
          *講演に先立ち、映画『図書館と子どもたち』上映予定

 1965年1台の移動図書館ひまわり号でスタートした日野市立図書館。多くの市民に支えられ40年を経た今日、現在中央館と7つの分館、そして移動図書館による図書館システムが形成され、市民生活になくてはならない存在として成長しました。この日野が創り上げてきた「市民の図書館」が日本の図書館界に与えた影響とは何だったのでしょうか。そして今、この日野にさえも全国の図書館が直面する管理運営委託や指定管理者制度の導入という重大な問題が突きつけられています。われわれ市民にとってそれはいったい何をもたらそうとしているのでしょうか。山口先生のお話をうかがいごいっしょに考えてみませんか。どうぞより多くのみなさまのご参加をお待ちしております。

          主催 ライブラリー・フレンズ日野(旧日野の図書館を考える会)
          連絡先:電話・FAX 042-591-0384(宮田)
          メールアドレス:hino@musubime.net(小林)

« 日野市立図書館での委託導入の動きについて | トップページ | 「日野市立図書館40年の取り組みと窓口委託問題を考える」集会簡単な報告、そして思うこと »

コメント

 ライブラリーフレンズ日野の小林卓さんより、「ライブラリー・フレンズ日野よりお礼とご報告」ということでお知らせをいただきました。日野市立図書館での委託問題は、「当面」回避されたとのことです。「日野市民をはじめ、多摩や全国の人々の支援をいただいたこと」等に対して、「みなさまに感謝申し上げたいと思います。また、ご助力いただいたみなさまへのご挨拶が遅れましたことをお詫び申し上げます」とのメッセージを預かっています。詳しくは、同会の下記ページをご覧ください。
http://www.hinocatv.ne.jp/~je1hyg/kankeidantai/hinonotoshokanokangaerukai/orei20060510.htm
 小林さんがここで記すように、私たち図書館に関わる者は日常的な地道な活動の積み重ねを大事にしていかなければなりません。小林さんの表現を借りて言えば 「図書館の力」を豊かにし、それをわかりやすい形で市民にも、行政にも明らかにしていくこと。そのための私たちの取り組みもますます重要になっているのだろうと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57889/7065563

この記事へのトラックバック一覧です: ライブラリーフレンズ日野の集会「日野市立図書館40年の取り組みと窓口委託問題を考える」:

« 日野市立図書館での委託導入の動きについて | トップページ | 「日野市立図書館40年の取り組みと窓口委託問題を考える」集会簡単な報告、そして思うこと »

無料ブログはココログ