Google検索




  • ウェブ全体から検索
    このサイトの中を検索

カウンター


  • (2004.10.26以来)

« 日野市立図書館委託の再考を求める「要望書」を提出 | トップページ | 鳥取県片山知事講演ビデオを見る会 »

2006.02.26

[資料紹介]都立図書館改革推進会議による都立図書館大改造計画に対する見解

(2006.02.26追記あり)

 更新が滞りがちではあるものの、おかげさまでカウンターが4万を超えるまでになりました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 さて、日比谷図書館の移管問題や図書館サービスの有料化等の議論が進められようとしている昨今の都立図書館の動きに対し、2月16日に、東京都庁職員労働組合(都庁職)教育庁支部、教育庁支部日比谷分会、教育庁支部三多摩分会が標記の見解を表明しています。章立てを次に紹介しておきます。

  はじめに
  1.日比谷図書館の千代田区移管計画
  2.協力貸出サービスの利用制限拡大・区市町村の費用負担
  3.図書館サービスの有料化
  4.レファレンス体制の縮小・ワンストップ
  5.都立多摩図書館のありかた
  6..収集・保存の将来展望を
  7.必要な司書職員の採用配置を
  8.討議の公開と都民、区市町村立図書館の意見の吸い上げを

 図書館が曲がり角である現在、様々な意見を元に考え取り組んでいくことが求められていますが、是非この見解についても多くの方に読んでいただき、参考にしていただければと考えています。全文はこちらからご覧いただけますので、よろしくお願いいたします。

 都民サービスや区市町村の図書館へのサービスの大幅低下につながること、全国の県立図書館へのマイナス影響もありますので、もっとの会として、また都教育庁などの部署に意見書などを出したいと考えています。

« 日野市立図書館委託の再考を求める「要望書」を提出 | トップページ | 鳥取県片山知事講演ビデオを見る会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57889/8847343

この記事へのトラックバック一覧です: [資料紹介]都立図書館改革推進会議による都立図書館大改造計画に対する見解:

« 日野市立図書館委託の再考を求める「要望書」を提出 | トップページ | 鳥取県片山知事講演ビデオを見る会 »

無料ブログはココログ