Google検索




  • ウェブ全体から検索
    このサイトの中を検索

カウンター


  • (2004.10.26以来)

« 悲しい物語を繰り返さないために、図書館ができること | トップページ | 日本図書館協会図書館政策セミナー「教育基本法改正と図書館」 »

2006.08.27

悲しい物語を繰り返さないために図書館ができること(2) 止むことのない医療過誤に寄せて

 Yahoo!ニュースやGoogle!ニュースをご覧いただくと、あまりにも多くの医療過誤や医療事故が起こっていることが読み取れるであろう。当然これらに載らないものもあるに違いない。医療を受けよりよい人生を歩いていこうとされたはずの方々の身に事故が起こることで、ご本人やゆかりの方それぞれの人生は計り知れないダメージを被ってしまう。もちろん、医療者側も様々な取り組みを続けておられるのだろうが、それでも残念ながら医療過誤は続いている。そして、医療過誤は他人事ではなく、いざというときにはわが身に降りかかってくる。

 このようなことが常々頭の隅にあった管理人だが、今回韓国のソウルで行われた国際図書館連盟(IFLA)第72回大会に参加して様々な発表に接することで大変啓発されて帰ってきた。特に、健康・生物科学分科会で行われた次の発表に出会った管理人は興奮冷めやらぬ状態になっっていた。

Ontology based Adverse Event Reporting System Architecture / Senator Jeong & Hong-Gee Kim.
Presented in Health and Biosciences Libraries, World Library and Information Congress: 72ndIFLA General Conference and Council, 20-24 August 2006, Seoul, Korea

 Senator Jeongさんらはソウル大学の研究者であるが、この発表の内容は、医療活動上絶対に繰り返し起こしてはならない事柄のデータベースを構築しようとしている取り組みについての話である。患者の安全は医療者のみならず一般社会全体での重要な問題であるが、医療事故等の事例の報告システムの必要性が広く指摘されているにもかかわらず広く受け入れられているシステムがないという問題意識。そのような事例のデータベース構築の必要性。このデータベースに必要とされるデータ構造。それらのことが述べられている。

 ここまで読み進められた方の中には「失敗学」という言葉を思い出された方も多いことであろう。このテーマについては工学院大学教授畑村洋太郎さんの『図解雑学失敗学』(ナツメ社,2006)をはじめとしてさまざまな本が出ており、また、日本の独立行政法人科学技術情報機構(JST)では失敗学の考えをベースとした『失敗知識データベース』が構築されている。

 確かに上記Senator Jeongさんらのデータベースはプロトタイプ(試作段階)であり、今後広く議論を積み重ねていく必要があろう。また、研究者・専門図書館・公共図書館それぞれの現場で今後なすべきことは異なっているであろう。

 しかし、生き死にに関わる情報に図書館関係者がどのように関わっていくのかは、どの国でも重要な問題になっていくであろう。もちろん、私たちの国日本でも。そのような今、私たち図書館にかかわる者は、山ほどの課題はあるけれどもしっかりと前進していくことが必要である。 

« 悲しい物語を繰り返さないために、図書館ができること | トップページ | 日本図書館協会図書館政策セミナー「教育基本法改正と図書館」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57889/11625714

この記事へのトラックバック一覧です: 悲しい物語を繰り返さないために図書館ができること(2) 止むことのない医療過誤に寄せて:

« 悲しい物語を繰り返さないために、図書館ができること | トップページ | 日本図書館協会図書館政策セミナー「教育基本法改正と図書館」 »

無料ブログはココログ