Google検索




  • ウェブ全体から検索
    このサイトの中を検索

カウンター


  • (2004.10.26以来)

« 第10回 東京の図書館を考える交流集会『教育基本法「改正」で図書館はどうなる』 | トップページ | 「都立図書館改革の具体的方策」に関連して、都立図書館の充実を求める「陳情」を提出 »

2006.09.20

[行事案内]「シンポジウム図書館の未来は市民の手で」

 横浜市で行われる「シンポジウム図書館の未来は市民の手で」の案内を頂きましたので紹介します。市民と図書館職員とが同じ場所で率直に語り合い、手を携えて図書館の明日を考えていこうという会になるようです。少し遠いかもしれませんが、是非足を延ばしてみていただければ、と思います。

*******************************************************************

「図書館の未来は市民の手で!」

 “いい図書館は市民が育てる”そんな言葉を聞きます。赤ちゃんからお年寄りまで、すべての市民が気軽に使える図書館だから、互いに育て合える、本当に豊かな協働関係を築きたい。多様化するニーズ、財政難、民営化・・・今、図書館は大きな転機を迎えています。今だからこそ、未来に向けて図書館の可能性をごいっしょに考えていきませんか!

 日時:2006年10月8日(日) 午後1時30分~4時30分 
 会場:かながわ労働プラザ 第3会議室   (開場 午後1時)
    (JR根岸線石川町駅(北口)徒歩3分)
 申込:不要
 参加費:資料代300円

 プログラム:
   第一部  図書館の未来を考えるために  午後1時30分~
     ●転換期の図書館
        山口源治郎氏    東京学芸大学教授
     ●『役に立つ』図書館が地域を救う
        斎藤明彦氏     鳥取県自治研修所所長
                    (前鳥取県立図書館長)
     ●市民の望む図書館  - 静岡市からの発信 -
        草谷桂子氏     静岡市の図書館をよくする会会長
                     静岡県立図書館協議会副会長
     ●横浜の図書館の今・これから
        川越峰子氏     横浜市中央図書館司書
   第二部 パネルディスカッション  午後3時~
     パネラー       山口源治郎氏 斎藤明彦氏 草谷桂子氏
     コーディネーター  川越峰子氏

 主催  「シンポジウム図書館の未来は市民の手で」実行委員会
     連絡先 川越峰子  FAX 045(320)0287
           E-mail::mene@msj.biglobe.ne.jp

« 第10回 東京の図書館を考える交流集会『教育基本法「改正」で図書館はどうなる』 | トップページ | 「都立図書館改革の具体的方策」に関連して、都立図書館の充実を求める「陳情」を提出 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57889/11974850

この記事へのトラックバック一覧です: [行事案内]「シンポジウム図書館の未来は市民の手で」:

« 第10回 東京の図書館を考える交流集会『教育基本法「改正」で図書館はどうなる』 | トップページ | 「都立図書館改革の具体的方策」に関連して、都立図書館の充実を求める「陳情」を提出 »

無料ブログはココログ