Google検索




  • ウェブ全体から検索
    このサイトの中を検索

カウンター


  • (2004.10.26以来)

« [他団体行事案内]シンポジウム「これからの社会教育はどう変わるか!~社会教育法、図書館法、博物館法の「改正」を考える~」 | トップページ | [他団体行事案内]みんなの図書館が危ない!?~神奈川の図書館を考えるつどい・緊急集会~ »

2008.01.15

「練馬区立図書館貸し出し履歴保存」報道に関して

                 東京の図書館をもっとよくする会

 朝日新聞が1月11日「図書館の貸し出し履歴保存」のタイトルで、練馬区立図書館がこの1月から本の貸し出し履歴を一定期間(その本を借りた直前の2人の利用者番号を返却後最長13週間)を保存するシステムを導入したと報じた。「ここ数年貸し出した本が切り抜かれたり書き込みされたりして、誰が破損したかを巡り窓口で利用者とトラブルになるケースが増えているため」と同記事は述べている。続けて、日本図書館協会事務局長の「不必要な情報を残せば外部からの圧力などで目的外に使用される危険性もある」との指摘が載せられている。

 「東京の図書館をもっとよくする会」に対しても、「会」としてどう見ているかを早急に公表せよとの声が寄せられた。私たちは、把握できた状況にもとづき検討をおこない、以下の見解に達した。

           ******************************

   「練馬区立図書館貸し出し履歴保存」問題にかかわる見解
             (2008年1月13日)

                     東京の図書館をもっとよくする会

1.朝日新聞記事は「貸し出し履歴は流出すれば借主の思想・信条を侵す恐れもあり」と述べている。私たちは、外部に流出しなくとも、「貸し出し履歴」を残すことは、それ自体が思想・信条の自由、読書の自由を侵す恐れがあると考えている。練馬区立図書館が導入した「貸し出し履歴」は貸出者全体の監視システムである。貸し出し記録が残れば、外部への流出や図書館内外の圧力による漏洩や目的外使用は起きてくると想定しなければならない。貸し出し記録がなければその漏洩は起きようがない。返却後速やかに貸し出しの記録を消滅させるのはそのためである。もっとも危惧するのは、当初の導入意図と異なる部分に抑止効果を生み出すことである。中心館の練馬区立光が丘図書館長は、同記事の中で「思想信条に触れてはいけないし、触れることはしない」と述べている。しかし、監視されている、あるいは、他人に知られたくないなど、不安を感じた利用者は図書館を利用しなくなったり、行政が快く思わない本を借りることを避けるという当然に起きるだろう。「貸し出し履歴」の導入が何をもたらすのか、利用する側にも立って考えるべきである。

2. 「貸し出し履歴」システムは、返却と同時に貸し出し記録を消すという大原則を逸脱するものである。その導入にあたっては、どのように使用するのか説明しなければならない。それによって、「貸し出し履歴」システム導入の是非が判断できる。しかし、どのように使用するのかの説明はない。一般的な使用法として考えられるのは、本に切り取り等が見つかった場合その確認の連絡に使用するということである。しかし、それならば返却して書架に戻すまでが限度であろう。誰でも手に取り利用できる状態に戻してから書き込みや切り取りを発見しても、誰が破損させたのか分かるはずもない。返却される本を受け取ったときに、きちんとチェックし、問題があればそこで処理するのが原則である。破損して使用できない状態になっていることが確認できたら、弁償を求めなければならない。図書館ばかりでなく、社会的に物の貸借はそのように行われている。返却のときに受取っておきながら、後で(最長13週間後)蒸し返すのは、反発と不信を招くだけである。このシステムを実際の事務処理に使用するのは困難である。切り取り抑止効果としての導入ということも考えられる。「貸し出し履歴」を残し、必要があれば使用すると威圧して、破損を抑止・牽制しようと言うことである。そうであるならば、切り取り対策に実効がないばかりか、図書館の姿勢として異常である。本の切り取り対策として実効がなく、かつ、利用者全体を敵視するかのような「貸し出し履歴」システムは再考すべきと考える。

3. 朝日新聞同記事は、練馬区立11図書館の貸し出し不能となった資料(老朽化も含む)が、02年1万9555点から06年3万6742点に増加したことを伝えている。本を利用してもらうには、きちんと本が整備された状態で維持されなければならない。そのためには、本を貸すときには破損していない本を貸し、本が返されたときはその場で異常がないかチェックして受取るようにするという、原則的な窓口対応を行わなければならない。本は区民の財産である。破損していれば弁償してもらう。その当然のことができなければ、切抜きや書き込みは増えるばかりである。図書館が行わなければならないのは、窓口対応の能力を向上させることである。

« [他団体行事案内]シンポジウム「これからの社会教育はどう変わるか!~社会教育法、図書館法、博物館法の「改正」を考える~」 | トップページ | [他団体行事案内]みんなの図書館が危ない!?~神奈川の図書館を考えるつどい・緊急集会~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57889/17706348

この記事へのトラックバック一覧です: 「練馬区立図書館貸し出し履歴保存」報道に関して:

» [編集日誌][図書館][OPAC][Web2.0]2008-01-16(Wed): 図書館での貸出記録の保存をめぐって−行政は説明責任を果たし、市民は慎重で冷静な議論を [ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版]
2008年1月11日付の朝刊で朝日新聞が伝えるところによると、東京都の練馬区立図書館で1月5日付で図書館システムが刷新され、「本の貸し出し履歴を一定期間職員が参照できるシステムを導入した」という。同紙によれば、 参照できるようになったのは、その本を借りた直近2人の... [続きを読む]

» [編集日誌][図書館][OPAC][Web2.0]2008-01-16(Wed): 図書館での貸出記録の保存をめぐって−行政は説明責任を果たし、市民は慎重で冷静な議論を [ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版]
2008年1月11日付の朝刊で朝日新聞が伝えるところによると、東京都の練馬区立図書館で1月5日付で図書館システムが刷新され、「本の貸し出し履歴を一定期間職員が参照できるシステムを導入した」という。同紙によれば、 参照できるようになったのは、その本を借りた直近2人の... [続きを読む]

» 蒲田 [簡単な日記]
_ 貸出履歴 「練馬区立図書館貸し出し履歴保存」報道に関して (東京の図書館をもっとよくする会) 図書館での貸出記録の保存をめぐって−行政は説明責任を果たし、市民は慎重で冷静な議論を (ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版) ちょっと前にmixiでも書きましたが、こういうのはどうでしょう? 図書館システムとは別に、「読書管理システム」を作る。運営は図書館以外の組織が行う。書店などの民間企業でもOK。 利用者は図書館システムに、読書管理システ... [続きを読む]

» [雑記][社会]図書館利用者として思うこと [novtan別館]
当事者でした。練馬区民なので。 監視されている、あるいは、他人に知られたくないなど、不安を感じた利用者は図書館を利用しなくなったり、行政が快く思わない本を借りることを避けるという当然に起きるだろう。「貸し出し履歴」の導入が何をもたらすのか、利用する側にも... [続きを読む]

» [図書館]レコメンドについて考えてみたけど飽きた [元ライブラリアン志望]
将来有望な若者  レコメンドが話題だとid:kunimiyaに聞きまして。id:humotty-21さんがまとめてくれてるので素晴らしい。id:kunimiyaにメッセで「今北産業」とか言わなくて良い。今後も頑張って欲しいです(人任せ)。 「練馬区立図書館貸し出し履歴保存」について  レコメン... [続きを読む]

» [図書館]貸出履歴の話 [図書館を読む]
 おもしろくないはなしをします。    朝日新聞で取り上げられたのと、東京の図書館をもっとよくする会の記事が出たので盛り上がった話題みたいだが、なんか読んでいるうちに頭がこんがらがらってきた。混乱しているのは私だけかもしれないが…。  id:humotty-21:2008012... [続きを読む]

» [編集日誌]2008-09-16(Tue): 全国図書館大会用の参考資料−特にブログの記事を中心に [ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版]
・「昨日の「全国図書館大会に向けて−参加者の方々に望むこと」への補遺」(編集日誌、2008-09-15) http://d.hatena.ne.jp/arg/20080915/1221487874 で予告した通り、今回の準備にあたって、あらためて読み返したウェブ上の記事や書籍、論文を紹介していく。 まず、年頭に... [続きを読む]

« [他団体行事案内]シンポジウム「これからの社会教育はどう変わるか!~社会教育法、図書館法、博物館法の「改正」を考える~」 | トップページ | [他団体行事案内]みんなの図書館が危ない!?~神奈川の図書館を考えるつどい・緊急集会~ »

無料ブログはココログ