Google検索




  • ウェブ全体から検索
    このサイトの中を検索

カウンター


  • (2004.10.26以来)

« [行事案内]立川の図書館を考える会学習会 | トップページ | 司書が平和を願うということ(4) 甦った「平和百人一首」のこと »

2008.05.04

諦めるのは、最後でいい

 図書館のカウンターに立ち続けていると、ハッとさせられる瞬間に出くわすことがある。図書館とは資料を求める利用者と、その資料の制作者と、私たち司書がそれぞれ織りなす物語の交差する場所であり、そこでは日々重たいドラマが積み重ねられているので、そのようなハッとさせられる瞬間に出会うわけである。今回はそのような瞬間の中で、利用者のお許しが頂けたものの中から、一人の大学院生さんとの物語を皆さんにご紹介してみたい。

 ある昼下がりのカウンターに、その大学院生さんは来館した。「司書さんこんにちは。おかげさまで先ほど修士論文を無事提出してきました」。こちらの脳裏には、その人に対してどのような対応をしてきたのかが頭を駆け巡っていた。「そうですか、無事提出してきたのですね、おめでとう…。」こちらはそう口にするのが精いっぱいで、あとは言葉にならないものがただこみあげるだけであった。

 その人が書こうとしていた修士論文は、自然科学、もっと細かく言えば藻類に関するものであった。私たち司書にいただいたご依頼は、ドイツで出版された資料で、藻類の世界で何十年来多くの論者に言及されていた文献の入手であった。しかし、残念ながら日本で使われている総合目録“NACSIS-WEBCAT”では探すことができなかった。ドイツをはじめとして欧州・北米等を広範囲にカバーする検索手段である“KVK”(Karlsruher Virtueller Katalog)を用いさえすればどうということなく見つけることができる資料だったのだが、その人の状況を伺うと、おいそれと海外にその文献を発注するわけにはいかなかった。

 入手すべき資料が入手できないとき、論文を書く人たちの姿勢が問われることになろう。入手が大変な論文の入手を諦め、その論文を使わずに済ませてしまう方も結構おられるようである。しかし、その人はそうはしなかった。多くの人に言及されてきた資料であるならば、自らも絶対に入手して、確認をしなくては済ませられない…。その人を、しっかりとした信念が支えていたのである。

 総合目録すなわち多くの図書館が参加して構築する目録は、多くの場合、資料を探す上での決定打になる。ただし、総合目録に見当たらないからと言って、諦めるのはあまりにも気が早いと言わざるを得ない。図書館によっては、様々な事情により総合目録にデータを送り出していない場合も多いからである。私たちはその利用者の信念に心打たれて、総合目録以外の手段を講じることにした。つまりは、自然科学系図書館の個別の目録をしらみつぶしにあたろうとしたのである。ここで、司書としては、今日本にどのような自然科学系図書館があるのかをしっかりと把握している必要がある。私たちが用いたのは東京都立中央図書館発行の『類縁機関名簿』や専門図書館協議会発行の『専門情報機関総覧』、それからそれぞれの司書たちの経験である。そして、シラミつぶしをはじめて、幸運なことに最初の図書館、国立科学博物館図書館で目指す資料に出会ったのである。私たちが利用者に国立科学博物館図書館のことを伝え、その人が早速大久保にあるその図書館に出かけて行ったのは言うまでもない。

 その後も、その人に対してはその時々で必要な文献入手のお手伝いを続けてきた。例えば、情報が細かいところで不明確な論文など。もちろん、それぞれの仕事の中では関連する図書館の司書さんとの協力が不可欠であった。

 私がカウンターに立ってきた中で、おはずかしながら「会心の出来」などと言える対応はめったにない。いつも、ああすればよかったという後悔の連続になってしまうことが多い。しかし、その人が無事論文提出の報告に来てくれた今回のケースは、こうしてよかったという思いが残った数少ないケースであった。また、こうも思っている。私たち司書にとって「諦めるのは、最後でいい」のだということ。なぜなら司書があきらめてしまったら、利用者の物語はそこで終わってしまうからである。

 その利用者を見送りながら、今後も、図書館がその人の大切な場所であり続けますように、と願い続けていた。そして、私たちも、それぞれの利用者にとって図書館が大切な存在であり続けられるよう、技を磨き続けていかなければ、と考えている。

参考資料

“KVK” http://www.ubka.uni-karlsruhe.de/hylib/en/kvk.html

“NACSIS-WEBCAT” http://webcat.nii.ac.jp/

情報収集・問題解決のための図書館ナレッジガイドブック : 類縁機関名簿 / 東京都立中央図書館編. --
 東京 : ひつじ書房, 2003.10-

専門情報機関総覧 = Directory of special libraries / 専門図書館協議会 [編]. –
 東京 : 専門図書館協議会

« [行事案内]立川の図書館を考える会学習会 | トップページ | 司書が平和を願うということ(4) 甦った「平和百人一首」のこと »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57889/41084446

この記事へのトラックバック一覧です: 諦めるのは、最後でいい:

« [行事案内]立川の図書館を考える会学習会 | トップページ | 司書が平和を願うということ(4) 甦った「平和百人一首」のこと »

無料ブログはココログ